スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

月曜更新がデフォになってきた書評第6段(´ω`)

タイトルは「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」です。






どんな人にオススメしたいか

 ・「出来る人」になりたい人

 ・職場で自信満々に振る舞えない人

 ・ビジネス書()をとりあえず何か読んでみようと思う人


オススメしたいポイント

 ・ビジネス書()入門用として、安心してオススメできる一冊です(´ω`)

 ・なによりもまず「読みやすい」。
 基本的には見開きの2 ページでテーマ毎に書いてあるので通勤なんかでぱぱっと読みやすい。

 ・そして「わかりやすい」。
 内容がシンプルに、重要な事だけ書いてあるのでとてもわかりやすい。

 ・最後に「範囲が広い」。
 社会人としての振る舞いからメールの作り方まで非常に守備範囲が広く役に立ちます。

「とりあえず何か読んでみよう」という人にとてもオススメなのです。


どんな本なのか

 ・「出来る人」はこーゆーことを意識してるんだよ、というビジネス書()としてとてもスタンダードな事を書いてあります。

 ・「言葉は相手に合わせよう」という例では

  レストランなんかで

  "ライスですか?パンですか?"

 と聞かれた時に

  "ご飯"

 と答えて、相手の返答が

  "ライスですね"

 と返ってくるとちょっとイラッとしますよね、みたいな分かりやすい感じで書いてあります。

 ・やっぱりねー、分かりやすいってのが一番ですよ。

 本は。



ぷそのブログなのでぷそで例えてみる

 ・ぷそ、というか他者と関わるときにとても役に立つ事ばかりなんですよねぇ。

 ビジネス書()に書いてある事は。

 ・例えば緊急を固定で回そう、と思った時には「突発的に声をかける」より「用意してから声をかける」方がスムーズじゃないですか。

  シートがあったり。
  流れを考えていたり。

 そのシートにしても

  パーティーリーダーが誰なのか
  部位破壊はどんな順番か

 とか書いてあったほうがスムーズになるわけですよね。

 ・だから個人的にゃ社会人じゃなくたってどんどんビジネス書()を読んでみるべきだと思ってたりします。

 ネトゲ、というか「人と関わる」ことや、「何かを企画する」という場合の注意点を知ってるかどうか、というのは非常に大事な事だと思います(´ω`)

まとめ

 ・内容としてはとてもスタンダードな内容ですので斬新な事はあんまし書いてありません。

 ですのでビジネス書()を何冊か読んだ人には物足りないかもしれません。

 ・けど「まだ読んだ事がない」「何から読めばいいのかわからない」というような人にはとてもオススメします(´ω`)



 そして珍しくぷそ進捗(∩´∀`)∩

 土日はソロ華やってみましたが難しいですねぇ…



 こんなんS取れる気がしねぇぞ…\(^o^)/

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。