【書評】外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

というわけで書評第4弾(´ω`)


タイトルは「外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」です。


……なげぇよw






どんな人にオススメしたいか

・今の仕事に疲れてる人、辞めたいけど辞める勇気がない、という人

・「働く」ということに強迫観念を持ってる人

・外資系とかに憧れてる人



オススメしたいポイント

・面白い!読みやすい!
これにつきます(´ω`)


・ビジネス書()ってよりエッセイですねこれは。
外資系に勤めてる人が「周りはこんな感じですよー」っていうエッセイ。

・かたっくるしい事はなんもなくて笑いながら読み進められます(´ω`)




どんな本なのか

・「外資系」っていうと「給料高い」「成果主義」「リストラが多い」っていうイメージですがそれを全肯定しつつ、その世界で生きてきた経験を書いてあります。

・個人用に参考になったのは「クビになる」のを前提に働いている、という心構えですね。
入社したら転職活動の準備をしつつ働く、と。

・自分がする事、しない事を明確にして、「企業に雇ってもらう」のではなく「自分を運用した結果、企業と取り引きをする」っつー考え方とかは社会人としてすごい強みになると思うんですよねぇ。

・日本企業には日本企業の良さがありますし、外資系には外資系企業の良さがあるわけなんですが、

視点としては外資系の視点の方が一人の人間としての自立に役立てる気がします。



ぷそのブログなのでぷそに例えてみる

・「固定」で例えてみると

日本企業:とりあえず12人集まればいいや、というまったりな固定

外資系:職構成やら流れやらをカッチリと決めたガチな固定

かなぁ。


・まったりにはまったりの良さ、ガチにはガチの良さがあると思うんですよ。

・そこに優劣はつけられないと思っております。

ただ、

ガチの人 → まったり に行けるかもしれませんが

まったりの人 → ガチ には行けないと思うんですよ。

まったりの中であっても、「ガチの動き」を自分一人でも知っていた方が良いと思うんですよね。

※効率を求めた動きをする、というよりは周りをサポートするための動き方を自分ができるに越したことはないという意味で。


戦闘の流れを理解してれば不馴れな人のサポートもしやすいでしょうし。

どちらが向いてるかはそれぞれですしガチの方はどうしてもギスギスしがちですが、
やはり得るものと経験はまったりには無いものが得られるのではないでしょうか(´ω`)



まとめ

・正直「役に立つ」っていうより「面白い」をポイントにしてる本なので疲れた時なんかにスラーッと読んでリフレッシュするのに向いてる本な気がします(´ω`)


・純粋に著者のノリ、というか人柄に好感を持てますので読んでて楽しいのでオススメしたかった感じですねぇ。



とりあえずこんなとこで終わりますか(´ω`)

あぁ、また月曜更新に…\(^o^)/

忙しいのは良いことなんだけどつくづく時間が足りねぇ…

精神と時の部屋か暗記パンの開発はよ!

【書評】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

というわけで書評第3弾(∩´∀`)∩

タイトルは「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」です。







どんな人にオススメしたいか

 ・「お金を稼ぐ」には誰かに雇われて働くしかない、と思う人

 ・年末調整とかの税金に対して「もったいない」と思わない人

個人的にゃ一般的なサラリーマンをやってる人は読んでみると「働く」という事の視野が広がるんじゃないかなー、と思います。


オススメしたいポイント

 ・普通の会社員は収入が1つだけですよね。

  会社で働いて、会社からお金を貰う。

 ・けれど会社から貰うお金に加えて、他に収入が増えたらどうでしょう。

  例えば不動産だったり株だったり。

  その分お金持ちになりますよね。

  ・・当たり前の話しですがw

  でもそういうのってなんかちょっと「遠い話し」にしちゃうじゃないですか。

  「自分とは関係なくてお金持ちのどっかの話し」に。


 ・そういう「遠い話し」は別に遠くもなんとも無いんだぜ、っていう「気づき」をくれる本です。


どんな本なのか

 ・この本は「金持ち父さん貧乏父さん」という非常に有名な本の2冊目です。

  1冊目を読んでるのが前提の話しになってますが1冊目よりもちゃんと「本」として成り立ってるので読みやすいのでこっちのがオススメしやすいかなぁ。


 ・1冊目も2冊目も「お金を得る」という事の本質を書いています。

  1冊目から例を取ると・・

  「車や不動産は資産になるか、負債になるか?」

  普通は資産と考えますが著者は負債だと述べています。

  「資産とはお金を生み出す事であり、車や不動産には価値はあるがお金を生み出すわけではない」
  「車や不動産を買うためにローンを組み、むしろ負債を増やしている」
 
  つまりは収入を得る手段が「資産」と呼ぶべきであり、資産という定義が「お金持ちと貧乏人は根本から違う」と書いてあります。


 ・単純な話しとして「自分が住む為の家」と「人に貸す為の家」とでは意味合いが全く違いますよね。

  同じ「不動産を買う」という行動でも。


 ・お金持ちになるにはまずは資産を増やして、収入を確保してから。

  負債を買うのはその後にすべきですよ、という感じの事が書いてあります。


ぷそのブログなのでぷそに例えてみる

 ・チームツリーを育てたい、と思った時にですね。

  いかにチームポイントを稼ぐかと考えたとしましょう。

   ①自分が頑張る
   ②チームメンバーが稼いでくれるように頑張る

  どっちが効率的かと迷う理由なく②のが効率的ですよね。

  だからチームメンバーを誘って緊急クエストを募集してみる。

  その際に「チームオーダー受けておいてねー」と声をかける。

 ・別に普通の事ですよね。

  緊急クエストの募集やチームオーダーの声かけをマニュアル化して、自分がいなくてもマネージャーやらが誰でもできるようにする。

 ・これも普通の事だと思います。


 ・でも視点を変えると「自分で稼がなくても自動的にチームポイントが増えるシステムを構築した」って言えると思うんですよ。

 ・そういう事が書いてあります|д゚)


まとめ

 ・「真実はいつも一つ!」というセリフもありますが、真実は一つでも捉え方は千差万別です。

  でもなかなか視点っていうのは変えられないですよね。

  自分が立っている所からは同じ景色しか見えませんので。

 ・この本は「お金持ちはこうして見てるんですよ」ってお金持ちの視点から書いてある本です。

 それだけで読む価値は充分だと思うんですよえねぇ。


ちなみに一応言っておきますが「お金持ちの視点を教える」という抽象的な話しは非常に為になります。

 が、具体的に「著者はこうやったんだぜ」っていう話しはまっっっったく役に立ちません。

 国も時代も何もかも違いますからね。


「やれるけどやらない」と「知らないからできない」ってのは同じ「やらない」でも全然別物です。

選択肢は多いほど良いわけですので、選択肢を増やすための「視野を広げる」ってのはとても素晴らしいことだと思うんですよねぇ。


んむ、なんか良いこと言った気がする。

そんなとこで終わり(∩´∀`)∩

【書評】大事なことを一瞬で説明できる本

という事で書評第二弾(∩´∀`)∩


タイトルは「大事なことを一瞬で説明できる本」






【どんな人にオススメしたいか】

・報 連 相 が苦手な人

・回りと上手くコミュニケーションが取れてない人

・環境が変わったばかりの人


個人的にはコミュニケーションなんかバリバリ取れてるぜフーヒハハー っていう人でも役に立つ事が書いてあるんじゃないかなぁ…と思います。


【オススメしたいポイント】

・読みやすい

ホントこれにつきますね(´ω`)

いわゆるビジネス書()としての典型な読みやすさな気がします。


…話しとしてはずれますが…

※ビジネス書:厳密な定義とかは無いらしいですが、成功者の経験談だったり自己啓発に近いものだったり色々です。

※2:ネットなんかを見てると「読みやすさ」「わかりやすさ」を重視した本が多いので内容がスカスカな本も多くて若干バカにされ気味なジャンルな印象をうけます。

※3:個人的にゃバカにされようがなんだろうが自分の役に立てばいいと思ってますが胸張って「ビジネス書読んでます」みたいな自慢(?)は痛い目で見られる事もあるらしいので俺の中ではビジネス書()という扱いです。


はてさて。


話しを戻しますが…

・本を読む習慣が無い、っつー人にとって「わかりやすさ」ってのは何より大事な事だと思っております。

・わかりやすい = 要点がまとまってる なわけですし。


【どんな本なのか】

・「物事を伝える」っていう前段階の「相手の状況を見る」事から書いてあります。

当たり前の話しなんですが「自分が伝えよう」とした時に話しかける事が多いんですよ。

経験を振り替えると(´ω`)

・んですが、相手の状況を見てから話し始める、説明し始めると相手もこちらの話しを受け入れやすくなるし伝わりやすいよ、ってのを書いてあります。

・上司にツンケンされたりいつも会話途中で話しを遮られちゃうような人は多分読んで損しないんじゃないかなぁ。

・話す内容のまとめ方なんかもちゃんと載ってますが、話しかける前の事はわかってるようで実践できてなかったので為になりました。

【ぷそのブログなのでぷそに繋げてみる】

・敵に大ダメージを与えるコンボを当てたい、としましょう。

チェインでもなんでも。

そういう時はチェインが打てるようになったらすぐ撃つ、なんて事はしませんよね。

・チェインを撃てる隙を待って、その隙ができたらすかさず正確に決めていくわけじゃないですか。

・何にしてもブッパじゃ通じないよねぇ、というお話しですね(´ω`)


まとめ

・他人様に 何かを伝える ってのはとてもとても難しい事だと思っております。

違う人間だから常識が違いますし、職場のような縦の関係だと 見てる視点 が違う事も多いですからねぇ。

・そんな常識も視点も違う人と意志疎通をはかる為には「お互いの会話の前提を合わせる」事がとても重要だと思うんですよ。

前提を合わしてから、伝える内容を分かりやすくして伝える。

そんな事がわかりやすく書いてある本です(´ω`)


仕事に限らず多分、人生の役に立てる本なんじゃないかなぁ…とか思ってみたりしています。

ちなみに似たような内容が書いてある本が大量にあるんですがこの本を選んだのは単純に読みやすいから、です。

同じ内容なら文字数が少なければ少ないほどいいですからねぇ(´ω`)



こんなとこで終わり。

また月曜更新になってもーた…(´ω`)

【書評】読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑


・今年の抱負:オススメしたい本の書評を書く

 でしたので・・・

 読んだ本のレビューというか感想というかなんというかを書いてみよう企画一発目(´ω`)

 まずはこの本。

タイトルは「読んだら忘れない読書術」です。





【どんな人にオススメしたいか】

 ・本とか読んでも意味なくね?と思ってる人

 ・仕事や将来などに、不安を感じているがどうすればいいのかわからないでモヤモヤしてる人

 個人的にゃ「本を読む習慣がない人」全員に勧められる本だと思っております。


【オススメしたいポイント】

 ・「昔の新聞を今読んでみても為になる事はほとんど無いけれど、昔の本を読んでみると為になる事が多いのは新聞は情報であり、本は知識だからである」

 「ネットに知りたい事は大抵乗っているから本なんか読まなくていい、という意見があるがネットにあるのは情報であり、本は著者が情報を整理して体系化してくれている」

 などの「情報」と「知識」の違いがしっかりと書いてあって目から鱗でした。

 ・1章には「本を読む事で得られるメリット」が沢山書いてあり、個人的にはこの1章だけでも読む価値があると思っております(´ω`)


【どんな本なのか】

 ・タイトルにゃ「読んだ本を忘れないようにする術」的なことを書いてる割には「読んだ本を忘れないようにする方法」はあんまし書いてないです\(^o^)/

 ・「えっ?」 って思いますよね。
 俺も読み終えて「えっ…終わり…?」って思いましたw


 ・内容としては

  「本を読む事のメリット」
  「知識を蓄えていればどうなれるのか」

 という事を丁寧に書きつつ、タイトルである

  「読んだ本の内容を忘れないようにするにはどうすればいいのか」

 をちょろっと書きつつ、

  「自分の為になる本の選び方」
  「本を読む為のツール」

 なんかを書いております。


【なんでそんな内容なのにこんなタイトルなのか】

 ・俺は著者じゃないので想像ですが…


 ・著者は精神科のお医者さんで、診療時に「ここに悩んでる事が書いてありますから読んで下さいね」って患者さんに小冊子を渡してるそうで。

 でも心が弱ってる時ってのは視野が狭くなるらしく、大抵の方は渡した小冊子を全く読んでくれないそうです。

 「読んできてくれましたか」って聞くと「それどころじゃないから読まなかった」と言い、小冊子に書いてあることを質問しに通院されるらしいんです。

 普段から本を読んでないのに大変な時に本を読め、って言っても読んでくれないのは仕方がないとはいえ、著者はとても心を痛めてるようで。
 
 ・だからこそ普段から本を読むという習慣をつけてもらえるように

 「本を読み始めた人が気になるようなターゲットワード」

 を入れて本を読む事のメリットを伝えて、読書を習慣にしてもらいたい、と思ってこんなタイトルにしたんじゃないかなー… と勝手に思っております。

 ・患者についての想いはあとがきに書いてあるんですが、上記のタイトルの理由なんかはあくまで俺の想像ですので悪しからず。


【ぷそのブログなのでぷそに繋げてみる】

 ・チムマスとか、なんかの「しきり」をやった人ならわかると思うんですが。

 「伝達事項」って読まない人はぜっっっっっったいに読まないじゃないですか。

 散々「○○時の○○集合」って伝えたり、「部位破壊の順番はこうだからねー」って言ってもずーっと聞いてなくて忙しい時に

 「あれ、どうだっけ?」とか聞いてくる人。

 絶対にいるじゃないですか。


 多分著者はそーゆー方々が多いことに憂いてこんなタイトルで本を出したんじゃないかなー、、とか勝手に思ってみる。


 (※ ぷそ内で言うとゲームの楽しみ方は人それぞれだから伝達事項を聞け、と強制する方が間違ってると個人的には思っております)
 (※2 ただまぁ思ってますけど仕切ってる時は あー、めんどくせぇww とも非常に思ってたのも事実である)
 (※3 著者が思ってる事と俺がゲーム内で思ってた事とは勿論違うのであしからず)

 ・そういう人の為に、「伝えたいことが伝わってもらえるように」する為にあえて本題とずれることを伝えつつさりげなく本人が理解するように仕向けた本、だと考えると多少は親近感が湧く・・・かもしれない。


まとめ

 ・本を読むって事に意義を見出せない人に答えを教えてくれる本なので読書初心者にオススメ。

 ・精神科医のお医者さんとしての「色々な不安に対しては本を読むことが不安を和らげる材料になる」という本でもあるので不安がある方オススメ。

 ・何かを変えたい・変わりたい!って思ってる人に「こうすりゃいいんだよ(本を読めばイインダヨー)」と答えを出している本なので迷える子羊さんにオススメ。

 ・読んだら忘れない読書術、って事は正直他のそういう本のが詳しく載ってるからそれだけが知りたい人にゃオススメしません。


 あと著者が「SNSの超プロ」とか言ってたり、「お医者様特有の俺SUGEEEオーラ」が多少感じたりしますがそこらへんはまぁスルーですよ。

 と、こんなとこで終わりかなぁ。

 とりあえず3月までは毎週書いていこう(∩´∀`)∩




 ・・・最初からサボったけどww
(食中毒で寝込んでたんだい仕方がないやい(´◉◞౪◟◉))

新年早々

食中毒になりました(´Д`|||)



どうもこんばんわ、二日絶食なぅな奈良重雄です。


金曜の夜に食べた寿司にあたったのか、上から下からの嵐とですね

関節痛と背中の痛みがヤバくて久しぶりに寝たきりでしたわ…


皆様も生魚などはご注意をば…



そんな寝たきりな生活を二日続けて起き上がれるくらいには回復したので久しぶりにぷそってみました(´ω`)


マザーに行きつつチームでまったりとスクショ撮ったりととても楽しませて貰えましたです。










アムロじゃないですが帰る場所があるってのは素晴らしいなぁ…


いやほんと、頭が下がりまくりですよチームのお二人には(´ω`)


今年はもっとログインせにゃあのぉ(*´ω`*)


ホントは色々と書く予定だったけど体力回復してないのでスヤァ…






最後に透けてるなおすけさん載せてスヤァ

今年もよろしくお願いします(*´ω`)

昨年は大変お世話になりましたが今年も大変お世話になりますので皆さまどうぞよろしくお願いします(∩´∀`)∩
※喪中ですので新年の挨拶は控えさせて頂きますでさぁ(´・ω・`)


はてさーて。



昨年10月より転職をしたおかげでブログどころかぷそのプレイ時間が週に1時間あるかないか、になった奈良重雄です|д゚)

けどまぁ禁欲ばかりで1年過ごせるわけでもないので今年は少しずつプライベートな時間を作っていければ、と思っておりますです。

ブログしかりゲームしかりアニメしかり。


というわけで新年1発目のブログですので今年の抱負をいくつか書いてみようの巻(´ω`)




【ブログについての抱負】

 ・3か月間、週に1度は書評のブログを書く

  いきなりなんぞや?という話しになりますが・・

  10月からの3か月間、一番何をしていたか?というと「読書」だったりします。
  新人なので右も左もできない事だらけなんですが、とりわけ一番困ったのが「論理的な考え方ができない」事でして。

  頭悪いですからねぇ俺。

  というわけで頭悪いなりに、どうすれば論理的に考えられるようになるのかなー、って考えて・・

  「ビジネス書を読みまくろう」と思ったんです(∩´∀`)∩

  本を読む ってのは嫌いじゃないんですが最近は離れていたので活字を見てると眠くなるところからスタートしましてですね。
  とりあえず2か月で60冊くらい読んでみたんです。

  んでその中に「読んだ本の知識を定着させるにはその中身を紹介してみる」というのがありまして。

  頭の中に入れた知識をかみ砕いて、吐き出すことでしっかりと脳内に定着させる、という俺の為の行動をブログでやろうということなんですよ|д゚)

  あくまでぷそのブログなのでなるたけぷそに絡めて書いてみようとは思いますが・・

  目的はあくまで「俺が俺の本を読んだ事を忘れないようにする為」なのでまぁぷそとは離れるかもですがご愛敬をば。

  どうせそんな見てる人いないしねぇ(∩´∀`)∩ダッハッハ



【アニメについての抱負】

 ・Dアニメストアのマイリストに入れたアニメを見る

  昨年の夏くらいに見たいアニメがあったのでDアニメストアに入ったんですよ。

  んで見て「あー楽しかったー」って見たい欲求が満たされてそこからずーっと解約するの忘れててですね。

  先日クレジットの明細見てて解約してなかった事に気づきまして。

  「もったいねぇな」と思い解約しようと思ったんですが。

  「どうせなら解約する前に見たいアニメがあったら見てからにしよう」と思ったんですよ。

  というわけで見たいアニメがあるか探してパーっとマイリストに突っ込んでみたんですよ。
  ※マイリスト:インタネーットエクスプローラの「お気に入り」みたいなもんだと思いねぇ

  そしたらマイリストが70件を超えてましてですね(;´Д`)



  解約するまでなっげぇなぁ・・



  というわけでまぁ今年中に見尽くしてみたいと思います。という抱負。

  ちなみに12月30日と31日で
   ・ジャイアントロボ 地球が静止する日
   ・シュタインズゲート
・この素晴らしい世界に祝福を   
・境界の彼方
   ・ノーゲームノーライフ
  は消化したので実質70も無いかなぁ・・

  見たアニメのレビューなんかも書きたいっちゃ書きたいから色々とやりたい事だらけですのぉ、、



【その他についての抱負】

 ・うんこ漏らさない

  これは去年もなんとか守り抜いた抱負ですので今年も頑張って守っていきたい所存でございます(∩´∀`)∩

  これ見てる人ドン引きしてるかもですが人間三十路を超えるともう身体のあちこちにガタがきててですね・・

  年末のガキ使の出川のごとく「俺の肛門どうしちゃったんだろう」レベルでたまに言うこと聞かない時があるんですよ。

  というわけで毎年の抱負で言ってますが「うんこ漏らさない」。

  これは大事な抱負ですね。

  あとついでに仕事クビにならない、とか早く一人前になれるように努力する、とか色々と考えていたりはしますが別にここで書く必要があるものではないので割愛をば。



長くなりましたが今年は多少はブログなりゲームなりを多少はできるようにしていきたいと思いますので皆さま、どうぞ宜しくお願いしますです(∩´∀`)∩