スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしゃげ。

キャッフゥ(´ω`)


最近ブログの更新ペースが高い奈良重雄さんですよこんばんわ(´ω`)



…じゃぁ「気合いいれてランキングの勝負しとる間」に更新せぇ、って話しですな(´ω`)ハッハッハ



まぁ根本的に「気分」で書いてますのでそこらへんは全然鑑みないロックなブログ。


それが奈良重雄のロックなブログ(´ω`)




(´ω`)ユーキャンノットエスケープフロームデース



あ、これは親父の方だ…(´ω`)


はてさて(´ω`)




先日チムメンのオルレアさんにですね。



オルレアさん「おい、くそモアイ」

奈良重雄さん「は、はぃ!スーパープレイで人々を魅了するオルレアさん、こんなPスキルが皆無なモアイに何のようでしょうか?」

オルレアさま「私がやっているソシャゲで君が新しくアカウントを作って私の招待を受けるか、それともそのモアイマスクが二度と動くこと事が無くなるまで殴られるかどちらかを選ばせてやろう」

奈良重雄さん「Mなんで後者でお願いします!!」




ということがあったり無かったりしましてですね、ソシャゲでオルレアさんの招待を受けることになりました(´ω`)

※オルレアさんはとても優しい、いい人です




んでまぁクッソメンドクサインデスガ喜んで招待を受ける為にソシャゲをやる事になりました(´ω`)



「オルシアンサーガ」というセガのゲームなんでまぁギリギリセーフでしょう、ぷそのブログで書いても(´ω`)ハッハッハ




基本的に奈良重雄さんは携帯でやるゲームいわゆる「ソーシャルゲーム」はしません。



なんでかってーとまぁ明確な理由はないんですが…


「ゲームはゲーム機で」


っていうなんか知らんけど縛りみたいなんがあったりします(´ω`)



なんでぷそもVitaでやってたりするとこもあったりします(´ω`)


・・・まぁ、金貯めてるんで使いたくない、引っ越しするときにめんどい、ってのが大部分なんですが(´ω`)




なんで基本的にまともなソシャゲをやるのはこの「オルシアンサーガ」が初めてなんですが…




すごいね、最近のゲーム(´ω`)



ソシャゲ自体は興味が全く無かったんですが普通に色々と感心しましたわ(´ω`)



どうしても「ボタン(タッチパネル)を押す」っつー単調な作業であるゲーム内容に対してすごい創意工夫をしてあってびっくりしました(´ω`)



「ボタンを押す」


っていうことに対して色んな角度から付加価値つけてて面白いねー(´ω`)



タクティクス要素いれたりターンチャージ要素いれたり(´ω`)




中でも個人的に一番「おぉ!」と思ったのがですね。



ふつうのゲームの選択肢は

はい いいえ



であって「イエス」は左側なんですよね(´ω`)



普通、今の日本語は左側から右に向かって読む表記だかんね。



んだけどそのソシャゲは




いいえ はい





だったんねー(´ω`)


これは素直に「おぉ、」って思いました(´ω`)



多分「ソシャゲ業界」だと常識なんだろーけど。


初めてソシャゲをやった奈良重雄さんは素直に感動しました(´ω`)





右利きが多いかんねー。



ボタンポチポチするのはやっぱ右手向けに作ってあるよねー(´ω`)




奈良重雄さんは最初間違えて「yes」と答えようと思って「いいえ」を押してしまいましたよ(´ω`)ハッハッハ




「はいがいいえでいいえがはい」






…ハローそしてグッドバイ!






こーゆー配慮、ソシャゲに限らず結構至るところにあったりします(´ω`)




前に小売業のコンサルタントのセミナーみたいなんを受けた事があるんですが。



売り場なんかも基本的にゃ右利きに配慮して売り場を作ってるそうです(´ω`)




「手に取り易い」位置にある方が売れやすいそうな(´ω`)



お店屋さんに行って売り場やらの商品の並び順をよーく見てみると・・・



単価が高い商品が右って並び方が多かったりします(´ω`)




もしくは利益が高い商品が右側にある事が多いんですって(´ω`)




あと別口のコンサルタントのセミナーなんですが、「スーパーのコンサルタントやってた人のセミナー」みたいなんを受けた事がありますが。



んでそれを聞いた奈良重雄さんの感想は・・・最近のスーパーはやばい(´ω`)




エリアマーケティングのリサーチ具合を聞いてぶっちゃけ引きましたからね(´ω`)





スーパーの周りの平均世帯年収とかは勿論ですが、


・家族構成

・子どもの有無

・購入する商品の目安

・嗜好にかける金額



やらをすげー細かく持ってるみたいです(´ω`)



まぁセミナーだからある程度「盛って」るんでしょうけどね(´ω`)


実際の地図みたいなんに合わせて例えば

「食品」の売上頻度なんかを叩くとグラフで曜日別、時間別で地図上の家っぽいところが上がったり下がったりしてて真面目にびびった(´ω`)



まぁ基本的になんでも「情報」が全てですよねー(´ω`)


ポイントカードなんかは全部それを付けたいから作ってるみたいですし。


購入履歴、購入頻度、活動時間、その他諸々。



ちなみにそのグラフの弱点は「集合住宅」なそうな(´ω`)


そりゃまぁ無理だわな(´ω`)



んだから集合住宅が密集してる都心の駅前とかだと精度が落ちるそうですが郊外だとかなり売上のヤマとかロスとかを操作できるそうです(´ω`)



その時間に合わせて販促とかするみたいですね(´ω`)



んだから例えばスーパーに行って「たまたま」自分の欲しいものが何個か「たまたま」セールで安く売ってたとしまして。


それを買って「お得だったわー(´ω`)」とホクホクしながら帰ったとしましてもね。


実はそれは「綿密に練られた計画の中で踊らされてた」かもしれないわけですね(´ω`)




(´ω`)コワーイ



まぁ便利に越したことはないけどね(´ω`)



あ、ちなみに出てきたグラフなんぞは全部架空のデータでしたので悪しからず。

また、そのセミナーの講師自体も言ってるのがホントなのかどうか調べてませんので悪しからず。




んだけどその話しの中で一番感心したのが「データでわかんないことを分かるように模索してる」ということでしたねー(´ω`)



データやらなんやらは国のホームページで色々と公表してるのと、ポイントカードやらで得た情報やらとを照合して作ってるみたいです。



んだけどあくまでそれは「点」なわけで。


その講師が言ってたのが

「今一番注目してるのがデータでは見えない家族」


だそうな。



簡単にいえばいわゆる昔ながらの「核家族」ってのは今は珍しいです(´ω`)



んだけどじーちゃんばーちゃんのすぐそばで息子家族が住んでる、ってパターンが多いみたいでして。


んでその家族の子どもをターゲットにすると非常に儲かる、そうな(´ω`)



というのもその子どもにゃ財布が4つついてるわけだかんねー。



親御さんはともかく「年金暮らしのじーちゃんばーちゃんの孫に対する消費量」は馬鹿にできないそうな(´ω`)


つまりは「点」と「点」とを結んで線にできたデータがあると強い、とのようで(´ω`)




聞いてて「なるほどなー」


と思いつつ途中から寝てました(´ω`)




だって奈良重雄さんの仕事と全然関係ないからね(´ω`)



なんであんなセミナー受けたんだろ(´ω`)



はてさて。



こんだけ横道に脱線して奈良重雄さんは何が言いたいか。







それは「セガさんや、なんでマガツ昼にやるんすか(´ω`)」



っていう話し(´ω`)



まぁ大元としてはさ、「マガツをコンテンツとして盛り上げたいが為に色々したらやり過ぎちゃった」ってのがあるから、


「他コンテンツも楽しんで欲しい」



とかってのもあると思うんですよ。



例えば今回のアドバンスとかさ。



野良でマガツとか来たらアドバンス人口が一気に減るだろーしねー。



んだから緊急として時間を固めといて、夜に無くしとけば「どの緊急がどのくらいの人気なのか」とか「今の新しい試作はどれくらい反響があるのか」とかのデータが取れると思うんよねー。



んでその緊急やらイベントの中で人気と不人気とではどこに差があるのか。


どこでいわゆる「人気」になるのか。



セガさんがどこまで見越してマガツさんの報酬を「別格レベルな高報酬にした」のかがわかりませんが、


ただ単に

「せっかくの目玉なのに人気がない」



「んじゃ報酬いっぱいだしたれー」



「うわぁ、出しすぎたぁぁ!これじゃ市場が崩壊だぁぁあ!」



「マガツは固定にしてなるたけ人が来ない昼にしよう」


とかの単純論法じゃないと思うんですよねー。


勿論、3鯖の件や鯖移動、鯖による人数の偏りとか色々とありましたりバグやらもありました、色んな要素がありますけど。



んだけど「固定にするのはわかる」けど「昼にばっかやる」意味がわからぬ(´ω`)



市場云々の件だったらまぁわかるけど、、


んだけど「四回まで」っていう制限でインフレはおきるけど個々で崩れすぎる、ってことはそんなないとは思うのよねぇ。



んだから奈良重雄さんはお昼に仕事をするふりをしながら考えた。




今のプレイヤー層のさー、生活環境やらプレイ時間やらを調べてるんじゃないかなーって。



つまりは前述の例でいうと「購入時間」と「お客さんの年齢層」とか「購入具合」とかね。



んでそれがわかればそれに合わせた販促をすればいいだけだかんねー(´ω`)





・・・まぁもちろんそれはやってて当然だと思うのよね。



お客さんがどんな人なのか


リサーチせんで商売するなんぞ愚の骨頂だかんね(´ω`)


んだけど「ネトゲ」ってのはいわゆる「お客さん」という分母のが多くても「ゴースト」が非常に多いと思うのよね(´ω`)



結構前に300万ID突破とか言ってましたがその中で稼働率が何%なんよ、っつー話しで。


もっと言うとその中の稼働率の中の課金率が何%なんよっつー話しで。


更に言うとその中での「廃課金」率は何%なんよ、っつー話しなんじゃないすかねー。





前に何かで見ましたが。


廃課金率が登録IDの5%もいればかなりの有名ゲームになってるそうな。


ぷその中での「廃課金」がどのラインかはわかりませんが。


そういった顧客データなんかを見てるんじゃないかなー、と思っております。


というか願っております。


色んなデータの取り方あるだろうし。


色んな方法での検証があるだろうからね。



ただ単に「報酬良すぎた、とりあえず人すくない昼にしとこう」とかじゃないと願っておるのよね(´ω`)




んでまぁ思うのはさ。


前述した「点」のデータは取るの簡単だろうけど。


個人的には「線」のデータをしっかり取ってほしいのよねー(´ω`)



「このイベントはフレンドやらチムメンやらと行く度合いが高い」な

とか

「この緊急は野良で行く人ばっかだ」な


とか。



まぁそれがイコールで楽しいかっつーとまた別な話だけどさ。


ぬるくてつまらん緊急だからこそ身内で適当にやってるのかもしれんし。



んでまぁ思うのはさ。


もうちょっと「線」がつながりやすくしてくれませんかねぇ。。。



4人パーティで3つでやるのはやっぱりきついよぉ(´ω`)


4人パーティなのはいいんだけど。


それを例えばまとめる人が設定できるようになったりしませんかねぇ。


たとえば一人が4人パーティを三つ統括してクエ貼れるとかさ。

一人が4人パーティをそれぞれ3つ誘えるとかさ。


ロビーで「パッと」パーティ組めるようになると嬉しいんだけどなー(´ω`)



準備してればいいんだけどさー。


準備出来てない時とかやっぱ難しいよねぇ(´ω`)



という話し(´ω`)




ピアノさん、また遊んでね・゜・(ノД`)・゜・

たまたま絶望来てたまたまピアノさんいたから一緒行こうぜーって話しになったけど色々とgdgdですいませんでした・゜・(ノД`)・゜・

という事があったのでそういうシステム欲しいなー、という愚痴(´ω`)



まあlそれを含めての「指揮力」なんだけどね。


んでもこれはけっこうハードル高いと思うのよね(´ω`)




さてまぁ長くなったしいつものをば(´ω`)




↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)
スポンサーサイト

チャレンジ1回目、お疲れ様でしたー(´ω`)

というわけで昨日はチームとしてチャレンジに行ってきました(´ω`)


参加してくださったチムメンの皆さま、協力してくださったフレンドの皆さまありがとうございました(´ω`)



結果としては2回行くことができ、1回目は10人でM4の最後まで、2回目は絶望が緊急できたので途中破棄という結果でした(´ω`)



こうかくと完全にアレですが、個人的にゃ成功だと思っております(´ω`)


最初にも書いたけど目標は6月中にM5だかんね。



そう考えると最初の様子見でM4の最後まで行けたとか行幸ですよ(´ω`)



やってみて色々と思ったので奈良重雄さんの個人的な感想やらは以下、箇条書きにて(´ω`)




・参加者について(反省)


思ったよりうまく集まらんかったなー、というのが正直なとこですね(´ω`)


これは完全に奈良重雄さんの仕切り方のミスですね(´ω`)


申し訳ない(´ω`)


んだけど次に書くことで正直「練習」に関しては問題ないかなーと思っております(´ω`)




・チャレンジの人数について(発見)

奈良重雄さんは今までチャレンジは12人でしかやったことがなかったんですが…


低人数でも全然いけるのね、あれ(´ω`)


お試しで4人でやったときがあるんですがVRゲージ全然減らなくて笑いました(´ω`)


なんで正直「練習」と割りきれば4人とかでも全然いけるね、あれ(´ω`)


正直「8人」集まらんかっても全然いいわ、あれ(´ω`)


個人的には練習がてら毎日1人でやってみようと思いました(´ω`)


まずは1人でM2が目標かなー(´ω`)




・ベイゼ爆発(課題)


M2のベイゼさんが爆発しましたねぇ(´ω`)ハッハッハ


12人いればぶっちゃけてスキル無しのライフル連射でも全然余裕ですがやっぱり8人だときっついのぉ(´ω`)


んでこれは個人的にゃ最初の「ヤマ」なんじゃないかなー、と思います(´ω`)


M2の分岐までの段階で「ある程度の殲滅力」をつけんといかんですねー(´ω`)


んで、その「ある程度の殲滅力」はイコールで「武器とPAの各々の交換」じゃないかなー、と思いました(´ω`)


ぶっちゃけM1の時点でだいぶ余ってるもんね。

VRゲージ。


んだからM1が終わった段階で1回武器とPA整理したほうが無難かも(´ω`)


なので…



・各々が使いたい武器を「頭上のコメントのとこに表示しとく」。


やっぱこれね(´ω`)


んで、M1の終わり際に自分が使うの以外は全部置く。


んで各々が使う、と。


んでまぁ各々が望むものがてにはいるとも限らないからまぁそこは固定の四人が臨機応変、なのかなー。


それとも固定の四人の火力を安定させるべきなのか。


個人的にゃ後者のが安定はするだろーけど、これはあくまで「チームでいく」ことなので個人的にゃ前者を押したいかな(´ω`)


まぁここらへんは応、相談やね(´ω`)



んで場所はあれね。


2回目のアスレチック前のVRゲージ回収前か、エリア2の前のとこか。


個人的にゃアスレチックのとこのがみんな(管理役も含めて)いるからそっちのがいいんだろーけど狭いのよね(´ω`)


んで、置いて自分の使う武器やPAじゃなかったのはそのままおいといて、管理役が全部回収、かなー。


それを含めるとやっぱり前者がいいような気がするんだけど…


狭いのよねぇ(´ω`)



みんながいるとこじゃないと「俺は揃った」「揃ってないぜ」ってのが伝えづらいかんね(´ω`)



まぁここらも応、相談かぬ(´ω`)




・んでそれを踏まえてのベイゼ(目標)


ドロップやら考えれば一緒にいかんとあれだけど、やっぱりベイゼは痛すぎるから爆発するくらいなら別れたほうがいいのかもねぇ(´ω`)



とりまそこは前提の武器やらを揃えて、からかぬ(´ω`)




・グワナーダとヴォルドラゴン


グワナーダ相手にしてて炎が吹き出してくるからそこは注意してねん(´ω`)


グワナーダはとりま触手みたいなんを全部倒せば弱点出るからそこを叩いてからいこう(´ω`)

んだけど炎に注意ね(´ω`)


特に見方でフォイエ使ってる人いるとくっそ紛らわしいけど注意ね(´ω`)ハッハッハ



・まとめ


M1とM2までの話ししか書いてないけど、個人的にゃ一つずつ段階踏んでやってかんとしゃーないと思うから一個一個でいいと思っております(´ω`)



んで、参加してくださる方へのお願いとしては


・何の武器を使うか決めとく。


・その武器種を頭上のコメントに入れておく


・M1の終わり際に自分が使う以外の武器とPAは全部皆でわけあう



ですかのぉ(´ω`)



んで自分が使うのが揃ったら「おk」とでも書いてくれれば(´ω`)


「○○ないですかー?」とか打ってると時間かかっちゃうからね(´ω`)


前提として「皆、おいてる」だからその場に無かったら、無いでいこう(´ω`)



んで無かったら無いで違うのを使っていこう(´ω`)



最悪ライフルの通常連打でもなんとかならなくはないし、ウォンドの通常攻撃もかなり強いからそれでいこう(´ω`)




という感じ、かなー(´ω`)



とりあえず8人でいった時の目標としては「ベイゼ爆発させない」かな(´ω`)





そんな感じ(´ω`)




んでは今日はこのくらいにしていつものをば(´ω`)





↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

チャレンジ M1~M5 と用語とインターバルエリアについて

チムメン各位へ。


チームでのチャレンジを行うにあたって尚飛さんが以下の指南書を作成してくれました(´ω`)


チャレンジを行う際は各々の解説を開きながらやってくとスムーズに流れがわかるかと思います(´ω`)



【用語解説】




【インターバルエリア①】



【インターバルエリア②】



【エリア1】



【エリア2】



【エリア3】



【エリア4】



【エリア5】





ひとまずここまでがチームでの行動としての最初のゴールです(´ω`)


安定して5まではこなせるよう皆さん頑張りましょう(´ω`)




※尚飛さんがWikipなどを参考にして頑張って作ってくれましたので感謝しつつ勉強させてもらいませう(´ω`)

チーム転換期(´ω`)④

はてさて。

とりあえずの転換期のブログはここで終わり、かなー(´ω`)

というか終わらせたいw


んで終わらせたら次はチャレンジについてだー…



(´ω`)ワーイヤルコトイッパイ



はてさて。


前回までの内容は

・チャレンジやるよー

・んでそのチャレンジにゃいくつか決め事があるよー


ってことでした。


んでその決め事を含めての「チームでの活動に指針を儲ける」事によっていくつか弊害も出てきます(´ω`)


今回はその弊害について書いてみましょう(´ω`


へー、意外だわー(´ω`)




あぁ!!やめて!

石を!!石を投げないでください!!





さて。


○チームでSkypeをふくんでチャレンジをするという「指針」ができたわけですが、それについて奈良重雄さんはだいたい3つほど危惧してることがあります(´ω`)



①やる人、やらない人に分かれる

➡やる人はやる人で固まっちゃって、やらない人らでの疎外感みたいなのが生まれちゃう



②やってる人らの中で、上手い、下手の優劣ができる

➡下手な人サイドの劣等感とかからチャレンジ自体やチームについてのなんとなくの嫌なイメージが付いちゃわないか、ってのが心配やんね(´ω`)



③Skype導入によるデメリット

➡まぁそれは前回書いたしそれでいいかなー。

簡単にいえば距離が縮まるからケンカが起きやすくはなるよねー、って話し(´ω`)






んで、①については…


前にも書きましたがルールとして「共用ブロックは使わない」という事で、「物理的な疎外感」は回避できると思ってます。

あとは「チャレンジをやる」と言っても多くても週に2、3回がせいぜいでしょうし回数自体がそんなに頻繁ではないです(´ω`)

正直チャレンジ自体が「好き」「嫌い」が分かれるコンテンツですし、何よりも現状の「チャレンジ」は非常にハードルが高い物になっていると思います(´ω`)


ですので、こうやった事を言ってもチームメンバーの中では「俺はチャレンジなんかやらねぇぜ!」という方も多々いるかとは思います。


もちろんそこに強制する気は更々ないのですが、チャレンジ、なかなかに面白いんですよ(´ω`)

少なくともM8くらいまで行けるようになった奈良重雄さんは普通に面白いと思っております(´ω`)


野良だとハードルは高いかもしれませんが、そういった、ギスギスした空気を感じないで練習できる空間を今回の「チームの指針」として作っていければ、と思います(´ω`)

最初はわからないのは皆同じですし、面倒見が良い人ばかりですので皆で和気あいあいとやっていきたいなー、と思ってますのでチムメンの方はご気軽にご参加くださいませ(´ω`)






んで②ですが…


これはねー、正直どうしょうもなかったりします(´ω`)

ただ、いくら上手い、下手があったとしてもですね。


ぷそは所詮「ゲーム」ですからね。

上手い人がいても「あー、お上手ですねー^^」で済む話しであって、それ以上でもそれ以下でもないと思っております(´ω`)


たかだか趣味である暇潰しに対して、劣等感やら引け目を大きく感じるほうがおかしいわけなんですね(´ω`)

チーム内では「俺TUEEEEE」とか「俺UMEEEE」厨はいませんし(´ω`)


ただ、これはねー、一概に「気にしなくていいよー」という話しでもないんですよ。

ファンタシースターオンライン2はですね、「皆で協力するゲーム」ですから。

「一定のボーダーライン」というのは存在し得なくてはいけないわけです。


野良とは違って見知った相手であるチームメンバー内だとなおさら、ね(´ω`)


ですので「チームとして行動する」以上、「チームでやるチャレンジクエストにおいては一定のボーダーライン」を儲けます。


※チャレンジクエストのみ、だかんね(´ω`)



奈良重雄さんの中では現状の「チャレンジクエスト」という中では「上手い」「下手」というよりも、

「知っている」「対処の仕方を知らない」方が正しいと思っております(´ω`)


ですので、「わからない」「知らない」に関しては、「わかるまで」「対処できるようになるまで」いくらでも教えます(´ω`)


教えても「Pスキル的にできない」という場合はチームとして他のメンバーと試行錯誤して、それができなくても良いような解決策を皆で考えていきます(´ω`)

(けどまぁ現状のチャレンジクエストにおいてはそんなにPスキルをもとめられるのは特定のとこでの特定の人以外はそんな求められないと思いますが。)


ですので、チームとしての「ボーダーライン」は「わからない」「知らない」の対処を教えて、「向上しようとしてくれる人 」がボーダーラインです。

ぶっちゃけ結果は問いません。


出来なかったら出来なかったでしゃーないわけですから出来るとこまでをチームメンバーで楽しみましょう(´ω`)


過程を問いたいと思います(´ω`)





んで③はまぁ前に書いた通りなので割愛をば(´ω`)






長くなりましたが簡単にいえば




・チャレンジクエストは敷居が高そうだから遠慮するかもだけど、気軽に楽しくやろーぜー


・わからないとこはわかるまで一から教えるし、そもそもそんな難しいことはないぜー


・んだけど、教えたことを最初っから聞く気がない人は遠慮願うよー



ってことですね(´ω`)



あと

・Skypeやらやるけどケンカすんなよー



か。





個人的にマガツやら防衛やらで危惧していたのは上記の②です。


②から①に繋がり、チームとして空中分解するのを奈良重雄さんは恐れてましたのでいわゆる「殲滅力」が求められる緊急はチームとしては行っておりませんでした(´ω`)



これはPスキルもそうですし、

・プレイ頻度
・レベル帯
・PCとVita
・プレミアとノンプレミア

などを含む

「装備」による前提も大きいと思っております(´ω`)




んですがチャレンジクエストはその「前提」が無いわけですね(´ω`)



これはねー、非常にプラスになるのよねー(´ω`)


(デメリットとして装備による誤魔化しやら、ハクやらが付かないというのもありますが…)


ですので、今回のチーム内での「チャレンジやろうぜ」という流れは非常にチャンスだと思ったので、奈良重雄さんとしても乗っかりました(´ω`)





また、今回は今までと大きく違うとこがありまして(´ω`)



発案者、企画者が奈良重雄さんではなく、チームメンバーの尚飛さんである、というところですね(´ω`)



これは非常に有り難い(´ω`)



というのも

・企画
・発案
・進行
・募集
・管理


とかを全て1人でやるとねー、どうしてもパワーがいるのね(´ω`)


スピーディーにも動けないし(´ω`)

指示なんかも出しきれ無かったりするからね(´ω`)



んだけど今回は奈良重雄さんは「募集」と「管理」くらいですからね(´ω`)


・企画の指南書は尚飛さんがもう作ってくれてますし。

・発案はもうしてくれてるし。

・当日の進行は任せちゃうし(´ω`)



とても有り難い(´ω`)


また、集める人数も12人ではなく8人というのも劇的に楽だったりします(´ω`)


前提として4人は固定してるからねー。

つまりは4人集めりゃいいだけなんよ(´ω`)


これは大きい(´ω`)


チャレンジなんぞ経験をいかに積んだか、ってのが全てだし開催できんかったらそもそもどうしようもないからね(´ω`)


というわけで転換期については以上ですね(´ω`)



やることの説明

やるルール

やることで危惧してるデメリット


を書いたので次からは…




チャレンジクエスト自体について書いていきます(´ω`)



わーい、やることいっぱいめう(´ω`)





んではいつものをば(´ω`)





↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

チーム転換期(´ω`)③

はてさて。

横道それると怒られちゃうんでぱっぱと本題に行くゾイ(´ω`)


ゾイゾイ(´ω`)


ゾゾイゾイゾイ(´ω`)


ソゾイノゾイゾイ(´ω`)






はい、すいません、いま書きます(´ω`)





前回までの内容を一言で言えば




「チームでチャレンジ行くよー」




ってことです(´ω`)




というかホントそれしか書いてないからね。


我ながら文字数のコストパフォーマンスが悪すぎてビビるよね(´ω`)


活字界のキャデラックとも呼べる奈良重雄さんのブログですね(´ω`)


ちなみにキャデラックはリッター3キロという超燃費(´ω`)


プレジデントなんかリッター2だかんね。



前のゲーム友達でキャデラック乗ってる子がいたけどホント乗り心地最悪だったなぁ…(しみじみ)





また横道にそれてる…\(^o^)/




というわけでんじゃー、「チームでチャレンジやるよー」って言うときの約束事を細かく書いてくねー(´ω`)






共用ブロックは使わない


これはねー、「クリアを目指す」なら致命的ね。

んだけど奈良重雄さんが今回言ってるのは「チームでチャレンジをやる」というのが目的ですから。


そこは問題ないのね。


なんで共用鯖をつかわないのか。


それはねー、チムメンの多くが共用鯖に行っちゃうといわゆる「チャレンジをしてない人」らからしたら「チームが過疎ってる」としか見えないからなんですねぇ(´ω`)


あくまでも「8鯖」にあるチームなわけですからね。

「切れたナイフ」は(´ω`)


なので活動内容の一つであるチャレンジで活動元のチームが過疎って人がいなくなっちゃったらもとも子もないからね(´ω`)



というわけでこれは必須(´ω`)





参加者はチムメンなら誰でも


言い方がアレだけど「取捨選択をしない」。


これも必須(´ω`)



○○さんは上手だからチャレンジやろーよー


んだけど△△さんはダメねー。



これはねー、「チーム」として活動する以上認められるわけは無いのよね(´ω`)


んだけどチャレンジってのはいわゆる「効率が普段よりも求められる」世界なわけで。


毎回同じとこでペロペロしてようが何回教えても同じとこで間違えてようが「参加したい」と言うならば快く受けいれないとダメなわけです(´ω`)



…よし、これで奈良重雄さんが参加できるようになったぞ(´ω`)


奈良重雄さんはびっくりするくらいPスキルがありませんし驚くほど学習能力がありませんからね(´ω`)


奈良重雄さんがペロペロしてる間はオルレアさんが頑張ってくれるでしょう(´ω`)


オルレアさんは上手ですからねー(´ω`)

オルレアさんは上手ですからねー(´ω`)




よし、これくらい書いとけば大丈夫だな(´ω`)ハッハッハ





揉めない



これは大前提ね(´ω`)


まぁぶっちゃけて言ってチームメンバーでどうのこうの言うような人はいません(´ω`)


んだけど例えばですが、毎回おんなじとこで失敗とかしてたらさ、「またかー」ってなるじゃないですか(´ω`)


そこは非常に理解できますが(´ω`)


大前提としては「チームとしての交流」も兼ねてますので。

手段で目的が阻害されちゃうなんてもっての他ですね(´ω`)


そもそもがゲームでマジギレとかしちゃう時点で負けですからね。

あくまでも楽しむ為にやるもんですから(´ω`)


楽しめない、イライラしちゃう、ってんなら一旦日を改めた方がいいわけですねー(´ω`)


と言うわけで。


「揉めそうならその場でその日は終わり」

というルールです(´ω`)


「揉めそう」の判断は俺がつけます(´ω`)


つまりはあれね。


奈良重雄さんが毎回失敗して床をペロペロしてて皆の空気が悪くなってきたら


奈良重雄さんが「はい、空気悪いから今日はこれで終わりー^^」


とか言い出すわけね。






…我ながらスゲーな(´ω`)





人数は8人



これはチームならではの「強み」だと思っております(´ω`)


なんで8人かっていうとVRの減りとか色々ありますので割愛しますが。

一般的なゲームの12人よりも遥かに「開催する」というハードルは低いです(´ω`)


その分一人一人の負担は大きくなるとかデメリットは多々ありますがね(´ω`)


んだけど別にクリアを目的としてるわけじゃないので。


あくまでも「交流」ですから(´ω`)


前回も書きましたが「6月中にM5までが安定」すれば成功くらいに捉えております(´ω`)


もちろん、上を狙えるだけ狙うつもりですが(´ω`)


んだけど「チームでチャレンジをする」という目的は「交流」です。


その「交流」の中に

「協力する楽しさ」ですとか「皆で同じ目標に向かう一体感」ですとか「記録更新による達成感」だとかがあるわけですね(´ω`)


ちなみに開催するタイミングはロビーやらである程度日時の「アタリ」をつけて、そっから募集です。


また、チャレンジという性質上いくつかの「前提」を儲けます。





チームでチャレンジをする上での前提



これは元々言い出してくれて、指南書を作ってくれている

・尚飛さん

ニコ生配信もできる、とてもお上手で管理側の人間である

・オルレアさん

同じく管理側であり、奈良重雄さんのお目付け役でもある

・ヘルカイトさん

そして暴走超特急、遅れてきたルーキーこと床ペロペロして皆の邪魔をする

・奈良重雄


の四人が確定でいる事。


この四人でいくつかの決まりごとを手分けして分担していく予定です。


例えばM3のトラップでしたり。

VR管理でしたり。

ファンジだったり。


いわゆる「イレギュラー」なとこはこの四人

というかぶっちゃけていえば尚飛さんとオルレアさんとヘルカイトさんに頼んでおります(´ω`)


なので奈良重雄さん含めの「チャレンジビギナー」さんは純粋に攻撃してりゃいいだけです。


んで、その「攻撃する」ですが。


出現するディスクやら武器やらが決まっている以上、どうしても「ここはこの武器がいいよ」「ここまではこのスキルが使える」というのがあります。


尚飛さんがそれを含めて指南書を作ってくれておりますので。


奈良重雄さん含めての参加者さんは

「その中から好きなものを選んでいく」

というスタイルになります(´ω`)


「いや、俺はこの武器が大好きだからこの武器しか使わねぇぜ!」

という方もいるかもしれませんが。


色々な武器を使ってみる、ってのはなんだかんだで楽しいですよ(´ω`)


奈良重雄さんもツインダガーを使い始めたのはチャレンジのおかげだったりしますし(´ω`)


空中戦カッケェ!!!


って思いながらツインダガーの魅力にずぶずぶですよ(´ω`)



まぁ最初は「M5が目的」ですからそんなに縛りなんかもないですし、そこはそんなに難しく考えずに、です(´ω`)





ボイスチャットツールの採用



いわゆる「Skype」ね(´ω`)

Skype意外のものにするかもですが(´ω`)


これねー、これが個人的に一番怖かったりもします(´ω`)


というのも「ボイスチャット」が使えるってのは非常に「距離感」が近くなります(´ω`)


なんというかぶっちゃけていえば「揉め事が起きる可能性」が飛躍的に上がります。

んだから今まではこういうのは「絶対しない」と思ってましたが。


んだけど色々と考えていくと必須なのよねー。

これ。


というわけで奈良重雄さんてきには清水の舞台からアイキャンフラーイする気持ちで採用に至りました(´ω`)



んだけど「ボイチャを入れる」と言っても


・しゃべるしゃべらないかは任意

・というかボイチャ自体も任意

・ボイチャやってるからチムメンさんは入りたかったら入ってねーん




ってレベルです(´ω`)


できない人もいるしね。

たまこさんとか。


する気もない人もいっぱいいるだろうし(´ω`)


やっても奈良重雄さんの鼻息ばっかり聞こえてきますしね(´ω`)フゴー





とりま今日はこんなとこかなー。


ここまではアレね。


「連絡事項」(´ω`)


んでその内容による「予想されるデメリット」とかは次回書きます(´ω`)



なんかこう書くとイメージ悪いけどまぁしゃーない(´ω`)


奈良重雄さんが危惧してる事で今までマガツやらしかりで敢えてこういった「チーム活動をやってなかった」理由だかんね(´ω`)



んだけどそのデメリットに対しても出来る限りのフォローはしていきますし。

そもそもがほとんどが杞憂に終わると思う内容ばかりです(´ω`)


んだけどまぁ、立場上「まぁ大丈夫っしょアハハー」みたいなノリでは行動できませんので。


多少はおもっくるしくなりますがご理解をば(´ω`)



というわけで今日はここらへんで(´ω`)










↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

チーム転換期(´ω`) ②

はてさて。


前回は本題に行く前に力尽きましたがしっかりと今回は書きますゾイ(´ω`)



んでも最初に言っときます。


多分これは3回くらいかかるかな(´ω`)


なっがいけどまぁPL法でもあるんで書きますゾイ(´ω`)





んで、前回の日記では

・チムツリの攻撃がレベル7になった

・明日の明日の明後日さんで転換期について話してたんで奈良重雄さんも話そうかな、と思った

・チーム内で「チャレンジやろうず」という流れが出た



というとこまでは書きました。

んで、結論から書きますが。





チームとしてチャレンジをやってみようかな、と思います







奈良重雄さんの中で「切れたナイフ」というチームとしてのあり方、というかモットーは「自由」でした。


そもそも入団時に「何も制限が無いですよー、まったり自由でやるのがモットーですよー」って言って勧誘してたしね(´ω`)



というのも思惑は色々とあるんですが。

奈良重雄さんは「切れたナイフ」というチームにおいてはそんなに団体行動を求める気はありませんでした。

とにかく人数が欲しかったからね(´ω`)


なんで人数が欲しいかは置いときますが。

フレンドさんが欲しかった、ってのが一番大きいかな(´ω`)


そう言う感じ(´ω`)


んで、そのためにはある程度の「前提」があるとハードルが高くなってしまうので。

そこはとっぱらって自由で(他人様に迷惑をかけなければ)チーム勧誘をしてましたし、チームとしてのあり方を自由にしておりました(´ω`)



んだからマガツさんとか。

防衛とか。


そういういわゆる「ある一定以上の殲滅力」が求められるコンテンツをチームとして行く気はありませんでしたし。

ギスギスしがちなチャレンジも正直やる気はあんましなかったです(´ω`)




んだけどねー。


前にも書いたけど。

マガツの時とか。


チーム内で

「チームでいこうよー」

「チームの意味ないじゃんよー」


って声が出て。


すごい嬉しくてねー(´ω`)


奈良重雄さんもそういうの好きだかんね。


んだけど結果がイコール殲滅力とかになるコンテンツではいわゆるチーム内での「揉め事」が怖くてねー。


メリットとリスク回避なら立場上迷わずリスク回避をしなくてなならんのでそこは行く気は無かったんですが。


まあ色々と思うことあってチーム内で行くきにもなりましたし。

明日の明日は明後日さんとかと合同で行くことで6人と6人で行く、という内容にして6人の殲滅力の濃度を上げようとしたり。


色々と考えておりました。



んでその一つ上の試みとしてですね。


「チャレンジ」にも手を出してみようかなー、と思います(´ω`)




個人的に。

チャレンジってのは多人数でやる詰め将棋だと思ってます(´ω`)


いかに失敗をしないか。

チャレンジ「そりゃ悪手だろアリンコ」とか言われないように立ち回るのがチャレンジだと思ってますので(´ω`)


クリアを目指すには非常にハードルが高いと思っております(´ω`)


んでもね、身内で交流をしながらやる、っていうのでいうならば


・前提準備(装備)が全部まっさら

・教えていけば特に特別な知識はいらない

・何より伸びた結果が顕著に数字で出るので達成感が生まれる




っていうふうにまぁメリットとしてはなかなか多いのよね(´ω`)


デメリットもあるけどね(´ω`)


やっぱりなれてない内は難しいし。

そういうのに慣れてない人らはやっぱり(言い方アレだけど)足ひっぱっちゃうし。

言われて皆がその通りにできるとは限らんし。

揉め事になる可能性も高いし。




そういうリスクも多々あります。


ありますが。


個人的にはやりたいなー、というか。

やるぞ、と思っております(´ω`)



というのもですね。


チムメンの尚飛さんがそもそも提案してくれまして。

そのために色々と指南書みたいなんを作ってくれてるんですね。


やっぱりさ。

純粋に嬉しいんですよ(´ω`)


そうやって努力してくれてる先がさ。


チームの為、なんよね。


そうやってチムメンが努力してくれてんのにさ。



チムマスが尻込みしてたらさ。


そんなヤツはチムマス失格だろ、と思うんですよね。


仕事でもなんでもそうなんですが。


努力してる人ってのは好きです。


努力してる人が報われないと悲しくなります(´ω`)


んだからね。


努力してくれてる、


チームの為に努力してくれてる尚飛さんの為にもですね。


奈良重雄さんも努力しようと思っております(´ω`)



という決意表明(´ω`)



んでまー、他にも色々と書かなくちゃいかんのだけど今回はこんなとこか。


とりあえず「チャレンジやるぞー」って。


この一言よ(´ω`)ハッハッハ



んで、あとは手段、規約、その他もろもろを書いていきます。

そこらは次回とかね。

んだけど長くなっちゃうから箇条書きで以下に個人的に決めたのは書いとくね。



・人数は8人でやる

・武器やらはある程度絞ってその指南を尚飛さんに作ってもらう

・んでその武器やらの人数は管理。

・その人に合った武器やらはその人のやりたいのを取っていく

・最初の内は目標はM5

・個人的には6月中にM7に行ければ十分

・スカイプやらのボイチャは「入れる」。

・※ただししゃべるかどうかはしゃべりたい人だけ。
  聞き専でも全然おk

 ※もちろん、スカイプやらをしないでも全然おk。
  あくまでも「してる人がいるよー」っていうだけ、ね。
  んで、やりたいなら気軽に入ってねー、って感じ。

・鯖は共用はNG。
 あくまで「8鯖」のチームだかんね。

・参加者の取捨選択はNG。
 やりたい人はチムメンならば誰でもやれるよ、っていう環境じゃないとNG

・揉め事はNG
 揉めた段階でその日は終了ね。




そんなとこか。

でっかいのは。


あとは細かいの書いていくけど、まぁそんなとこ。

とりまこんだけ書いといてオヤスミノコフ(´ω`)




↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

チーム転換期(´ω`)

うむー。

正直このタイミングでこういうのは書く気は全く無かったんですが書きますかのぉ(´ω`)


というのもですね、仲良くさせて頂いている「明日の明日は明後日」さんのブログで「チーム転換期」などについて書かれてたんですよ。


今日にね。


んでそこで奈良重雄さんもそんな内容のブログ書くとさー、なんかさー、



気持ち悪いじゃん(´ω`)



ストーカーみたいでさ(´ω`)




あとはなんか流れ的にも長野旅行と言いつつ偉そうなことをタラタラと書いてしまいましたので、しばらくはお気楽な事でも書こうと思ってたんですよ(´ω`)


具体的にゃー最近ずっと勉強してるワイヤーの内容とかを書こうと思ってたんですけどねー。


ただまぁタイミング的にいくつか良かったので書いてみます(´ω`)



そもそもが前提として。


・昨日チームツリーの攻撃レベルが7(18%)になった


ってのがあります。

これはねー、チームマスターとしてはとても大きな内容です。


「チーム加入」のメリットの一つである「チームツリー」の一番の目的である「攻撃ツリー」が他のチームと比べて遜色無くなったわけですからね。


これは非常に大きい。


チームが雑多に並んでる現状のぷそにおいて「攻撃ツリーが最大」ってのは「チームアピール」としてはデカいのですよ(´ω`)


アピールする側としてはね(´ω`)



まず、それ(´ω`)



んで2つ目が

・前述の明日の明日は明後日さんのブログ。


やっぱり読んでて共感すること、思うこともあるわけなんですよ。

ブロガーという生き物は。

別に正しい、間違ってるなんていう「正解」がないような内容だからこそ、何よりねー。

んだけどそこで追っかけるように記事を書くのは個人的にゃーアレだなー、と思うので遠慮しようかなー、と思ってたんですけどね(´ω`)




んだけど最後の一つ、


・チーム内で「チャレンジやろうぜ」って流れができた



これがデカイ。

というかこれでまぁブログ書くかー、と思いましたねー(´ω`)




というのもですね。


奈良重雄さんは13歳ですが、人生哲学として「タイミングが全て」だと思っております。


仕事でもなんでも。



友達との縁にしろ。

出世にしろ。

彼女ができるにしろ。



何にしろ世の中には「タイミング」というものが存在してると思っております(´ω`)



そのタイミングってやつは別に誰かに向けて動いてるわけじゃなくて、様々な理由によって動いておりまして。


それを「自分が一番良いと思うタイミングで取ろうとする」というのが何よりも大事だと思っております。


「余裕」とも言える。



「彼女欲しいわー、あー!彼女欲しいわー!!」


とがっついてるよりも

「いや、今は別にいいかなー」

って余裕があった方が彼女とかできやすいのと一緒ね(´ω`)




がっついてるとタイミングとか見ないで取ろうとして逃がしちゃうんですよ。


んで逃がしてるのを見てタイミングも逃げていっちゃうかんね(´ω`)




ぷそで言えばジャストアタックせんでボタン連打してるようなもんね(´ω`)



適切なタイミングで、適切な行動をしてけば実力だったり前提だったりってのはある程度度外視した結果を得られると思っております(´ω`)





「んじゃー、そのタイミングはいつなんよ?」


という話しになりますが。



奈良重雄さんが好きなパトレイバーという漫画でこれまた大好きな後藤隊長という人のセリフで。


「偶然ってのは2つまでは許すことにしてるんだ。2つまでは偶然、んだけど3つ重なったらこれは偶然じゃなくて必然なのよ」

ってのがありまして。


…4つだったかも(´ω`)




相変わらず調べもしないで書く奈良重雄さんのブログはロックだぜぇ(´ω`)ワイルドダロォ





んまぁそこはおいといて。



個人的には「タイミングが3つ重なったら行動すべきかなー」と思っております(´ω`)




んでまぁその3つが重なったから今日、書こうと思ったのね(´ω`)



ちなみに横道にそれますが。



「チームマスター」としての仕事はいくつかありますが基本的にはどーでもいいことばっかです。



オモチャですからね。


マスコットですから。



チームマスターなんぞ。



ただ、オモチャじゃなくて指揮を取らねばならぬ時もありますし。


非情な決断をしなくてはならない時もあります。


そしてもう一つ、個人的には前述の「タイミングを見極める」という仕事があると思っております。



例えばチームで右に行くか左に行くか悩んだ時に。




「チームメンバーの2割くらいしか右に行きたくないのにチームとして右に行こうとする」のはそれはチームマスター失格です。


それは「独裁者」です。




んじゃー逆に「右に行きたいチームメンバーが8割を越えてチームとして行こうとする」それもチームマスター失格な気もします。


それはただの「昼行灯」です。


※昼行灯…いてもいなくても変わらん事




個人的にはチーム内での過半数を越えるかギリギリのラインではタイミングを読めるようにならんといかんと思っております。


というのも前述の例だと「右に行こう」と先に右に行った人達。



最初の1割から段々と人が増えて5割を越えるあたりで


「ほらみろ、早く決断せぇよ」


と思うわけなんですねー(´ω`)



いわば不満が生まれる。



不満が生まれないような仲が形成されてるならば話しは別ですけどね(´ω`)


んですが普通のチムマスとチムメンという関係ならば不満が無くはないと思うのよねー。


んでそういった「最初に動いてくれる人」ってのはチームとしては必要不可欠な方のが多かったりします。



チムメンは皆一律、平等に接するべきですが、そのチムメンの中でも貴重な人材として見ると優劣はできますからね。



んだからそういった人の不満を毎回溜めないように。


チムマスってのは誰よりも「タイミング」を見極めなくてはならない立場だと思っております(´ω`)



「タイミング」というとどうしてもブラックビスケッツとか出てきますが繰り返しますが


奈良重雄さんは13歳です(´ω`)




はてさて、前述がクッソ長くなって横道にそれまくりましたがタイトル通り、


「チームとしての転換期」について書こうと思いましたが…




すいません、通勤がそろそろ終わりそうなのでまた明日に(´ω`)



あぁ、やめて!


チムマスの体力はもうゼロよぉぉぉ!!



非難しないでぇぇえぇえ!!!



といった感じでいつもの(´ω`)



いつの間にか4位に落ちましたが良かったらぽちっとおなしゃす(´ω`)




↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

一泊二日長野ツアー(´ω`)③

はい、というわけでどーでもいい内容3発目だよー(´ω`)


相も変わらずぷそは関係ないよー(´ω`)


んじゃなんでこんなことダラダラと三回も書くのかって?


そりゃまぁあれよ。


長野行って楽しかったからですよ(´ω`)



んでまぁ楽しかったのが、「なんで楽しめたのか」とか「他の人も楽しめる為にはどうすりゃいいのか」とか奈良重雄さんなりにまとめてみよーかなー、と思って書いてるのよ、という建前を置いといて(´ω`)



本音を言えば1ヶ月もすりゃ忘れちゃうからこの楽しさを忘れないようにメモがわりに書いてるだけなんですよね(´ω`)



楽しさ忘れると次回の旅行が流れちゃうからね(´ω`)



まぁホントに次回やるのかわからんけどw



というわけでぷそと関係ないこと書くけどそれがアレな方はリターンをば(´ω`)















①では「どんなことでも楽しめるようになろーぜー」


②では「嫌な事、したことがない事ほど、やってみよーぜー」


って話しでした。



んでは③は何かと言えばですねー。



「友達ってのは大事だよねー」


って話し(´ω`)



当たり前なんだけどね(´ω`)



何回も書いてますが長野に行ったのは友達に会いに行ったわけなんですが。

一緒に行ったメンツも友達なわけですよ(´ω`)



当たり前なんですがwww



元々は昔にアーケードであった「クエストオブD」っていうゲームで知り合ったメンツです(´ω`)



そのゲームをやってて仲良くなった中でも同じ地元の人らなんですねー。


今回の人らは(´ω`)


通称町田勢(´ω`)


前にもなんかで書きましたが2週にいっぺん焼き肉に行くのをずーーーーーっと続けてるメンツだったりします(´ω`)


奈良重雄さんは職場が遠いのと土曜日が仕事の日が多いので全然行けてないんですけどね(´ω`)ハッハッハ


んでまぁそういうゲームで知り合ったメンツです(´ω`)





前にも書きましたが。


個人的な経験ですが「趣味で知り合った人」ってのは自分の生活環境とは全然違う世界に住んでる人と知り合うチャンスだと思います。


例えば学校で知り合った友達とか。


会社で知り合った友達とか。


性格やらは置いといて「住んでる世界」はそう遠くないことが多いです。


例外はもちろんあるけどねー(´ω`)



んだけどやっぱり「同じくらいの年齢」だったり「同じくらいの生活水準」だったり「同じ仕事」だったり。


いわゆる「同じような世界」な人が多いです(´ω`)



というか全然違う世界に住んでる人と、そういう環境で知り合ってもなかなか仲良くなるチャンスがないと思うのよねー。


世界観が違うし。

「知り合う環境」が一緒なだけだとそんなに仲良くはなれない気がするなー。


他に同じような環境のやつらがいっぱいいるわけだし。


多分自分と同じ環境のやつらとつるむことのが楽だと思うのよね。




んだけど「趣味」で知り合った人らってのは全然別で。


「同じ趣味」をしてるってことは「共通の話題」があるってことで。


そりゃもう生活環境が全然違っても仲良くなるチャンスはいくらでもあるわけですよ(´ω`)



前にも書きましたがアウトローな人ですとか。


ものすごい金持ってる人ですとか。


ニートで親のすねかじり続けてる人ですとか。




普段の自分の生活圏内だとまず知り合える機会が無いような人らと出会えるわけなんですよ(´ω`)



んで、しかも仲良くもなれる。




これはねー、ホントにチャンスよ(´ω`)



自分の知らない世界の事を知るチャンスだかんねー。


例えば奈良重雄さんはちょっと前はアニメをよく見てたんですが。


アニメーターやってた人ですとか。


アニメ制作の監督に近い仕事してた人とかと会話したりするとですね、


今まで「自分の中で抱いてた世界観」ってのが劇的に変化したりするんですよ(´ω`)



そういった変化ってのは色んな事に応用されるわけでして。


人生経験としてとても貴重な体験ができて、自分だけではまず得られないような情報とかを学べたりします(´ω`)





なんか偉そうな事書いてますが簡単に書くとですね。


・色んな人と仲良くなると為になるよねー



って話し(´ω`)



んだから個人的にゃーせっかく知り合えた縁ですからどんどんと絡んでいきたいなー、と思っております(´ω`)



んで、「趣味で知り合った友達」のもうひとつの素晴らしいとこはですね。


絡む「息が長い」んですよ。



例えば高校だったり大学だったり。


いわゆる「環境」で知り合った友達ってのは環境が変わるとなかなかに会う機会が減ります(´ω`)


距離が近けりゃ定期的に会うかもですが。


生活環境が変わるとなかなか会う時間が取れなかったりするんですよねー。



んだけど「同じ趣味」で知り合った人らは長い。


だって趣味なんぞそうそう変わらないからねー。


例えばゲームでいえばやってるゲーム自体はコロコロと変わりますが。


「ゲームが好き」っていう趣味自体は一緒なわけで。



前述したように奈良重雄さんはアーケードゲームの「クエストオブD」っていうゲームをやってましたが。


そのあとは「ゴッドイーター」だったり「モンハン」だったり「ファンタシースターオンライン」だったりをプレイしてますが。


クエストオブDで知り合ったメンツで、その時同じゲームをしてる人らとはその時はずっと遊んでもらっております(´ω`)


今うちのチームにいる「Sゲたん」はクエストオブD以来の絡みですが。


ぷそをやる、という事でわざわざ8鯖に遊んできてもらって遊んでたりします(´ω`)



「趣味」で知り合った人ってのは「また同じ環境になる事が多い」わけなんですねー(´ω`)



んだから「息が長い」(´ω`)



個人的には今のぷそのチムメンさんとも、お互いがぷそに飽きて他のゲームをやることになって、相手がそのゲームをしてるならば是非とも絡ませて頂きたいと思っております(´ω`)




んで「趣味で知り合った友達」はですね。


「同じ体験が過ごせる」というのがあります。



これはねー、ホントに大事。



「共通の体験」


言い換えれば「同じ釜の飯を食う」レベル。




ちょっと前に就活してる方に

「大企業と中小企業とどちらを選ぼうか迷ってるんです」

と相談された事があります。



大企業には大企業なりの良さ、中小企業には中小企業なりの良さがあるので。

一概に「こっちが良い!」ってのは言いがたい話しなんですが。


奈良重雄さん的には迷うなら大企業を押します。


なぜなら「同期が多い」から(´ω`)



社歴もある程度経って、後輩もだいぶできて役職なんかもついてきて社内の色んな派閥なんかにも所属してくると。


いわゆる「敵」「味方」なんかがうっすらと意識することがあります。


ドラマみたいに明確な「○○派」みたいなんじゃないけどね。


んだけどやっぱり「○○さんと○○さんは仲が良いから」みたいな仲良しメンツみたいなのはあるわけで。


普段絡まないようなグループの人らとはなかなか絡みづらかったりする時もありますが。


んでも同期だとそういった壁を少し壊して行ける気がします(´ω`)


どうしても「仲間意識」みたいなんはあるからねー。


別に仲良くなくても(´ω`)


「同じタイミングで入社して、同じ流れを経験して」っていう同期にはやっぱり会話の種類も多いからね(´ω`)


酒入れば「あのときはマジきつかったよなー」みたいな話しはしやすいわけですね(´ω`)




まぁ、奈良重雄さんはチームでは13歳という設定で通してますからよくわかんない話しですが(´ω`)


何はともあれ。


いわゆる「同じ体験」をした人らってのはそれだけで「共通の会話のネタ」があるわけです(´ω`)



ましてそれを夢中になって一緒にやってた「共通の趣味」を持った人らなら、仲良くなるのは非常に容易いと思うんですよねー(´ω`)



例えばぷそで言えばいつぞやの「DDOS攻撃を食らってゲームできなかった」という体験。


これはそのとき体験した人ら同士では「あのときはゲームできなくて寂しかったよなー」みたいな会話ができるわけですよね(´ω`)


そういう、積み重ねを今、遊んでるフレンドさんだったりチムメンさんだったりと過ごしてるわけなんですね(´ω`)



んだから今色んな事を一緒に過ごしてるフレンドさんやチムメンさんと、「ゲーム外でもつるめるツールで絡んでおく」っていうのは今後を見越して考えると非常に大切なんじゃないかなー、と思います(´ω`)



ぷそに飽きてきてインしなくなったらそこで途切れちゃうかんね(´ω`)


まぁ別のゲームでたまたま会った時のがテンション上がったりしますがね(´ω`)



個人的にゃTwitter程度の薄い縁で充分だと思うんですよねー。


あんまし濃い縁作ると面倒になることのが多い気もしますからのぉ(´ω`)


んでまぁ長々と書きましたがまとめますと。



・同じ趣味で知り合った人らとは自分の知らない世界を知ってる人が多いよー

・普段そういう人らとは仲良くなる機会はそうそうないけど同じ趣味持ってりゃ仲良くなれるよー

・仲良くなって同じ体験、経験をしてると今後も縁としてつるみやすいよー

・そういった繋がりってのは一生モンだよー

・できたらそういったつながりをうすーくでもいいから作っとくと今後に生かせるよー




ってな感じかなー(´ω`)


ぷそのプレイヤーの方々はどちらかと言えば若い方が多いような気がしますので、イマイチピンと来ないとこもあるかなー、とは思いますが。


ある程度歳をくうと「視点が自分と違う人」ってのと絡む機会が極端に減る気がします(´ω`)


ですのでその「視点が違う」、「住んでる世界が違う」人と絡めるってのはつくづくありがたい機会だと思うんですよねー(´ω`)



まぁ奈良重雄さんは13歳ですのでよくわか(略



ちなみに上記は全て同性の話しです(´ω`)





異性だと難しいとこもあるのでなんともなー、という話しになったりもします(´ω`)



個人的にゃ「男女間の友情」ってのは存在しえないと思っておりますので(´ω`)


長く続くと友情が愛情になる気がするのよねー。


主にかたっぽだけ、が(´ω`)


両方変われば悪い事じゃないと思うんだけどねー。


かたっぽの価値観変わると色々とめんどくさいからね(´ω`)



別にそういうのを趣味の場で求めるのは悪いと言う気はないけどねー。



どーしても揉めやすいからなんとも、ねー(´ω`)



適切な距離感保ってられるなら「男女間の友情」っつーのも存在しえるとは思うんですが。


「適切な距離感」ってやつの前提に両方にパートナーがい続けるってのがあるとは思うので時間と共に難しくなるのも事実やんねー(´ω`)



まぁここらへんは完全に奈良重雄さんの主観ですから。


賛否両論あるでしょうからここらへんで。


わざわざ書いたのは「とにかく絡む」のが一概に良いんだよーってことじゃないからねー、って事かぬー(´ω`)



何事にも距離感、大事(´ω`)




んでは長くなりましたがいつもの貼り貼り(´ω`)





↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

一泊二日長野ツアー(´ω`)②

はてさて(´ω`)


前回ほぼぷそに関係ないことを書いたくせにまだ書きやがりますよ奈良重雄さんは(´ω`)ハッハッハ



というのもやっぱり「普段と違うことをする」ってのは色々と思うこと、勉強になることが多々ありますからのぉ(´ω`)


そーゆー感じた事を文章として書く、ってのは体験の整理にもいいのよね(´ω`)



というわけで書き書き(´ω`)



相も変わらずぷそにはほぼ触れませんのでそーゆーのがアレな人は見ないのを勧めますん(´ω`)















はい、というわけで書くよー(´ω`)


前回書いた通り、長野には友達に会いに行ったわけなんですが。


その友達はクリスチャンなんですよ(´ω`)


んで話しの流れで教会にも行くことになりまして。


教会にいる友達に会いに行ったんですが…




すごいアゥェー感よね(´ω`)


というか行った6人全員が無宗教ですので。


そういう「教会」とかにお邪魔したことが皆無かったんですよ(´ω`)



そりゃ例えば正月にゃ初詣に行くだろーし。

クリスマスにゃキリスト教的な雰囲気を味わったりしますが。


宗派としては無宗教なので、熱心に説法利いたりお祈りしたり、ってのはしないような6人組なわけですね。



まして見た目もアレな6人ですので(´ω`)



お世辞にもガラが良い、と言えるようなメンバーではないのよねぇ(´ω`)


中身は皆ゲームオタクなんですけどね(´ω`)



んまぁそんなことは置いときまして。



そんないわゆる「場違い感が丸出しなヤロー6人」が。



教会にお邪魔したときのですね。





「何しにきたお前ら」



という教会の方々の猜疑心の目。




これはねー、個人的に非常に貴重な体験でした(´ω`)



いわゆる「アゥェーな場所に自ら乗り込む」時の経験、ですねー。



こういうのは個人的には場数を踏むしかないと思ってます。


誰だって行きなれないとこには行きたくないからね。


まして「行きなれない」の種類としてはかなり行く機会が無いと思うんですよね。


自分が信仰してない宗教の施設ってのは。




・・・ブログやら何やらで基本的に

「政治」「宗教」「タバコ」の話しは荒れます。


答えがないからね。


んだから基本的にそういった話題はする気は全くないのですが、今回はたまたまお邪魔できたところが教会だったわけで、例として挙げさせてもらっております。


キリスト教の方で気分を害した方がいましたら申し訳ないです。


ただ、あくまでも「例」として「普段、自分の生活動線の中では行く機会があまり無い所にお邪魔をした」という例での話しですので。


教会が行きづらいですとかそういった事を言うつもりは毛頭ないです。


挨拶して「友達に会いに来た」というのがわかって、いわゆる「冷やかしじゃない」とわかった時には非常に気さくにコミュニケーションとってくれましたし。


お邪魔した教会の方々がね(´ω`)


中で色々話していきなよ、演奏するから聞いていきなよ、と胡散臭い6人組にフランクに声をかけてくれました(´ω`)



んだから行きづらいとこなんかじゃないんだなー、と思いましたよ。


教会。



というフォロー(?)を入れつつ。



何が言いたいか、って言うとですねー。



前回の話しにも通じますが。


基本的にどんなことでも「体験できる」ってのはありがたい事だと思うのよねー、って話し。



普段行った事が無い場所とか。


普段しないような事とか。



そういうのを体験できる、ってのは人間として非常に視野が広がると思います(´ω`)



個人的に「度胸」ってのはイコールで「踏んだ場数」だと思っております(´ω`)

一言で言えば「経験」ですかねぇ(´ω`)



度胸試しとして駅前で歌わせたりですとか。


飛び込み営業をさせたりですとか。



大学のサークルやら新入社員への研修やらでそういった内容がありますが。



まぁ今の世の中だと「イジメ」とか「ブラック」とかにしか見えないですよねー。


まぁその通りだとは思います。


嫌なことを無理やりさせてるわけですからねー。



んだけどその「嫌な事」の結果としての「リターン」も大きいからこそやらせてるわけだと思うんですよねぇ。





もちろんやらせる側の悪のりみたいなんもあると思いますがね(´ω`)



前回の話しに通じますがそういった「嫌な事」を無理やり楽しんでやれるようになると。



人間として非常に強くなれると思います(´ω`)



誰だって恥ずかしいのは嫌だしね。


慣れてないのは怖いからねー。



んだけどヤダヤダ、コワイコワイ、で通ってきちゃうと非常に「もろい人間」になりかねないのよねー。


んだから無理のしすぎは良くないんだけど、そういうのも大切ではあるよー、って話し(´ω`)




個人的にこういうので一番実感したのは「幹事」です。


飲み会にしろオフ会にしろなんにしろ。



前回書いた内容の一個上の「めんどくさい事」に当たるかなー。


幹事。



企画してー。

声かけてー。

まとめてー。

予約やら準備してー。

盛り上げてー。

会費やら集めてー。

トラブルあったら処理してー。



いろいろあります。



すんげーめんどぃよね(´ω`)



んだけどこれはとても色んな「経験」と「場数」を踏める事だと思っております(´ω`)



特に人数が多くなる場合やら、あまり馴染みがない場所でやる場合。



あまり関わらない人と交流を持たざるをえない、行ったことないとこで目的の場所を自分が探さないといけない


すんげーめんどいけど、これは何につけても非常に大事だと思います(´ω`)




こーゆー「まとめ役」をやるとまとめ役をやってる人の苦労とかもわかるしね。



大人数をまとめてるとお客さん気分で好き勝手にギャーギャー言ってる人とかもいるんですが、そう言う人がいる反面、協力してくれる人もいるからね(´ω`)


面白いものでそういった層ってのは割合的にはあんまり変わらなかったりします。


10人の飲み会でも、100人の飲み会でもパーセンテージとしてのそういった層の割合はほぼ一緒だった気がします(´ω`)

いわゆるクレームつける層と、協力してくれる層。

んで協力的ではあるけどどっちかってーと指示待ちな層と、我関せずな参加だけする層。


あとドタキャンする層も。


割合的にはどんな人数でも一緒かなー。


集める人らの内容で多少は変わるけどね。


ゲーム仲間だったり、地元の友達だったり、大学の友達だったり、会社の人らだったりで。


それはまぁどっちかってーと環境による「プラスアルファ」の補正がかかってるだけで、根本的な割合はそんな変わってないんじゃないかなー、と思っております(´ω`)



んで、そういった各々の「層」のどこに誰が入ってるのか。


それがわかれば自分が誰に指示を出せばいいのかがわかります(´ω`)


例えばドタキャンする層に必死に指示だしてもホント無駄だかんね。


逆に協力してくれる層に指示を出さなかったり、話し通してないと効率が悪くなっちゃう。


例えばクレームつける層にこっちの裏事情とかまで全部相談してもめんどくさくなるだけだかんね。


それでクレームつける層が協力してくれる層になることも無くはないけど。


正直自分の手間が増えるだけな方が多かった気がするかなー。


んだから言い方がアレだけど、「協力を仰ぐ人」「段階的に途中までしか伝えておかない人」とかを分けてまとめないと、何かをまとめる際には効率が悪かったり、自分の負担が大きくなったりする気がします(´ω`)




横道にそれましたが(´ω`)







何が言いたいかってーとね、


・普段体験できない事を体験できるってのはありがたい

・基本的に「慣れてない事」に対しての対処は自分が慣れてない事をして場数を踏むしかない

・その踏んだ場数=自信に繋がる

・踏んだ内容はそれぞれだけど、基本的に踏んだ内容は何にでも役にたつ


・場数を踏めば踏むほど見えるものが更に増える

・視野が広がると「味方」の把握がしやすくなる

・「味方」の把握ができるようになると、例えば自分の「1」の労力を味方が増やして「3」にしてもらえたりする

・逆に労力をかける相手を間違えると「1」の労力が1人にも伝わらず非効率になったりする



とまぁこんな感じ(´ω`)



どんなことであれ、経験したことがないことを経験できるってのはホントありがたい事ね(´ω`)


前回同様それが現実世界での影響が少ないゲームを通して経験できりゃホントラッキーだと思うのよねー(´ω`)


その経験がプライベートでも仕事でも生きるからね(´ω`)



長くなりましたがこんなとこかなー。


多分長野旅行の話しはあと一個くらいかなー。





というわけでいつもの(´ω`)




↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

一泊二日長野ツアー(´ω`)①

はい、ブログサボりまくってた悪い奈良重雄さんですこんばんわ(´ω`)


ダーク奈良重雄なわけですよ(´ω`)ハッハッハ


闇の炎に抱かれて消えたわけですね(´ω`)



まぁそんなことは置いといてですね、Twitterでは散々書いてましたが奈良重雄さんは土日で長野に旅行に行ってました(´ω`)


最初に言っときますがぷそ成分はほぼ無い日記がこれから書かれますぞ(´ω`)


そんなどーでもいい内容にゃ興味がないぜ、という方は今すぐ戻るのを勧めますぞよ(´ω`)














というわけで以下、どーでもいい話しをば(´ω`)



そもそもなんで長野に行ったのか、っつー話しですが簡単に言えば挨拶です(´ω`)


前にアーケードゲームやってた時の友達が長野にいるのでゲーム仲間6人で旅行がてら挨拶にいこーぜー、という事で長野に行ってきました(´ω`)


内容としては友達にしっかり挨拶もできましたし、色々と楽しかったしで非常に有意義な旅行でした(´ω`)


今後は皆で定期的に旅行行こーかー、という話しにもなりましてまぁなんというか面白かったです(´ω`)



んでまぁなんでそんな内容をぷそのブログに書くのよ?っつー話しなんですが。


旅行の準備段階から色々と思う事があったのでまぁ適当に書いていこーかなー、と思ったので書いてみようと思います(´ω`)


ぷその内容、というよりどっちかってーと「人をまとめる」「人生経験」としての話しに近いかなー(´ω`)



んでは(´ω`)



まずはあれね。


準備段階の話しだけどまずは宿決めとかからするわけなんですが。


まぁみんな放置よね(´ω`)


めんどくさいからねw


宿探しとか(´ω`)


ネットで見たり雑誌で見たりしてもまぁだいたいが同じような事しか書いてないからねー(´ω`)



んだからどれも一緒に見える。


そのわりに量は膨大にあるわ値段はピンキリだわ、挙げ句いざ泊まってひどいトコだったら一緒に泊まった友達とかに「誰だよこんなとこ選んだのw」って話しになっちゃう(´ω`)


んだからまぁ皆「適当でいいし誰か決めるべー」ってなるよねー(´ω`)


まぁ奈良重雄さんもそっち側で誰か決めてくれるかなー、って待ってました(´ω`)


んだけどさすがに10日前にもなって誰も何も案出さないから奈良重雄さんが率先して仕切りはじめました(´ω`)


これね。


こーゆー「しゃあない、自分が仕切るか」と思える人がいわゆる「チムマスをするポジション」の人。


んで、その「仕切るか」ってなったときに




「何で誰もやらないんだよ」ってイライラしながらチムマスやる人と、

「まぁしゃーないし適当にやるかー、お、こーゆーとこもいいなー」って楽しみながらチムマスやれる人


に分かれます。






んで、圧倒的に前者が多いわけですね(´ω`)



奈良重雄さんの経験から独断と偏見で言いますが前者の場合は最終的に大抵は「自滅」します(´ω`)


チームにしろ、元の例の旅行にしろ、表面上は特に問題無く進んで終わったとしてもいわゆる「無理をした」まとめ役の人はなんだかんだで不満が蓄積されます(´ω`)


んでそういうのが積み重なって「人間関係が嫌になる」とか「自分が純粋に楽しめなくなる」とかの無理が積み重なって最終的には引退したり遊ばなくなっちゃったりします(´ω`)



基本的にはこういう人は「空気を読む」タイプの人が多いわけなんですが、「空気を読む」ってのは言い換えると「他人の顔色を伺う」ってのと紙一重なとこもあったりすると思います(´ω`)


んでまぁ他人様の顔色を伺ってるうちに段々と本来の趣旨を忘れて自滅することが多いんですねー(´ω`)



ハッキリ言います。


無理をするくらいなら空気を読まない


という方が選択肢としては優秀です(´ω`)



その場では問題が起こりますがその問題の負担は全員で背負う負担です(´ω`)


空気を読む人ってのは自分で勝手に全員分の負担を勝手にしょいこみますがそれは「優しさ」じゃなくてただの「弱さ」です。


別に弱いのが悪いわけじゃないけどね。


んだけど、「弱い」人が自分で勝手に自分を責めてるのを見てると「肩の力を抜こうぜ」って思うんですよねー(´ω`)



ホント。


つくづくね。






奈良重雄さんもそうですからねー(´ω`)



基本的に「周りがやらないなら俺がやるよ、しゃーないなー」と請け負う事が多かったです(´ω`)



プライベートでもゲームでも仕事でもなんでもねー(´ω`)



んだけど、色々経験して思いましたがそういうのは結果的に自分のマイナスにしかならないなー、と思いましたので。


空気を読まない勇気、というのも大事なんだな、と思いました(´ω`)






んで話しが最初に戻りますが。


んじゃ「空気を読まなかったら誰もしないからグダグダになっちゃう」

「中止にはしたくないから自分がやらざるを得ない」


という時はどうするか。


というかほぼ全部がそういう状況だから自分に無理をさせて手を上げるわけなんですが。


そういう時はね、「楽しむ」という意識を持つのが大事です(´ω`)



何にしろねー。



何にしろ、「楽しんだ人」が勝ちです。



どんなめんどくさい事をやっても、どんな嫌なことをしても、「自分がたのしめた」ならそれは正解です。


それは勝ちです(´ω`)




基本的に、人が変えられるのは自分一人だけです。


変えたい相手をどんなに説得しても、どんなに話しても最終的に「変わる」という選択肢を選ぶのは相手本人なわけで。


極論から言えば「他人を変えるのは無理」です。


相手が自分の意思で変わるしかないわけですからねー(´ω`)



相手が自分の意思で変わろう、と思う「手助け」やら「手伝い」は他人でもできますが。


「変える」というのは最終的には相手にしかできません。



まぁ横道にそれましたが(´ω`)


つまりは

「周りが変わらないなら自分を変えるしかないんだぜ」

んで

「自分は気の持ちようでいくらでも変えられるんだぜ」

ってのを言いたかったのねー(´ω`)



「んなこといったってつまんないものはつまんないし楽しめないよ」

と思うでしょうけど。



まぁそりゃそうだと思うのよね(´ω`)


その通り(´ω`)


んだから皆嫌がるわけだし。


んだけどそこを頑張るのが努力するとこ。


「つまんないのに嫌々頑張る」のは努力の方向が違うのね。


「つまんないけど楽しめるように努力する」のが努力としての方向の正解だと奈良重雄さんは思います(´ω`)


結果的には遠回りになりますが。


つまんない、負担になる、のままで終わらせるとただの「嫌な経験」にしかならずに不満として蓄積するだけですので。


後々のことを考えるとやっぱり「楽しめる」ようになっといた方がいいのよねぇ(´ω`)





どんなことでもね(´ω`)


なんでこんな事書いたかってーと、最近まわりで色々と疲れてる人が多そうなので。


横から見てると「肩の力抜こうぜー」って思うんですよねー(´ω`)



ゲームにしろ何にしろね。


見えない何かと戦って悪戦苦闘してる方が多いですが、その「見えない何か」は結局は自分が作ってるわけですからのぉ。


自分で自分を追い詰めてる人を見てるとなんともやるせないやねー。



何にしろ楽しむ余裕を持てればどんなことでもやれるからねー。


失敗続きだったりプレッシャー続きだったり嫌な事続きだったりすると楽しめるわけなんかないんだけどね。



んだけどそーゆーのを楽しめるようになると強いのよねー。


ホント強い(´ω`)


一皮どころか二皮くらいべろりと剥けちゃう(´ω`)



んでそーゆーのを何かで体感できると他のにも応用しやすいのよね(´ω`)



んだから個人的にゃ「ゲーム」でそーゆーのを体感できるとすごい後々に役立つと思うのよねー(´ω`)


ゲームなんぞ所詮暇潰しの娯楽なわけだからね。


嫌になったら辞めりゃいいわけだし(´ω`)



仕事やらプライベートやらに比べて投げたあとの影響が少ないからね(´ω`)



んだからゲームでこーゆーことを体験して、苦しむ経験ができるってのはチャンスやんね(´ω`)


んでそっから楽しめるように努力する、と(´ω`)



経験として楽しめる経験をすれば他でも活用できるからねー(´ω`)



長くなってとりとめがつかなくなってきましたが。



簡単に言えば



・無理するくらいならそもそもやらない

・無理してやらざるを得ないなら楽しめるように努力する

・結果としてどんなであれ自分が楽しかったならそれが正解

・一度そういう体験をすると他でもそういう考え方ができるようになる

・ゲームでそーゆー体験ができると負担も少ないし後々に生かせるよねー




ってことかなー。




Twitterとかで周りを見てると色々と大変そうな人とかが多いからねー。


そういう人にゃ「頑張れー」と言いたいけど「頑張れ」の方向を「楽しめるように頑張れー」って言いたかったのね(´ω`)



というぷそがほぼ関係ない日記(´ω`)




ちなみに旅行行ってたメンバーに対しての愚痴とかじゃないですよ(´ω`)


車のルートに関してとか、友達への連絡とか、他の事に関しては奈良重雄さんは全スルーしたからね(´ω`)ハッハッハ


あくまでもそれを例にとった話しなだけね(´ω`)




何回も書くけど結局は楽しんだもん勝ちだからねー(´ω`)


楽しめなさそうならとっとと辞めるのが正解(´ω`)


んで辞めたくないなら楽しめるように努力しよーぜー、っていう話し(´ω`)




偉そうに能書き垂れてすいません(´ω`)ハッハッハ



んではいつものをば(´ω`)





↓ PSO2オフィシャルサイトに登録してまして、良かったら投票お願いします(´ω`) ↓

  PSO2公式HP ブログ投票画面 (´ω`) 

また、奈良重雄がチームマスターを勤めてる8鯖のチーム 「切れたナイフ」 は随時チームメンバーを募集しております(´ω`)

もし参加してみようかな、という方はビジフォンで「切れたナイフ」と検索して奈良重雄までメールをくださるとありがたいです(´ω`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。